« 滑稽な論理 | トップページ | トヨタチックMFG »

2009年6月 1日 (月)

やはり基礎が重要

 今日は、延世大学で教えている早稲田大学の教授に、講演を依頼して、快諾を頂き、面白い学術講演が成功に終わった。講演を聴きにきた人も意外と多く盛大であった。

 日ごろ、モノ作りに汗を流しているのだが、日々の課題の解決に、全精力が奪われている。きっちりと、ロジカルに考えて設計をして、筋道どおりのプロセスで進めているのだが、現物あわせが意外と多い。基礎が大切だと言う事は分かっているのだが、基礎原理は即役に立たないので、後回しになる。製品仕様が変わるごとに、ゼロベースで、問題が噴出する。これが工学であると、割り切ってしまっている感がある。

 今日の講演を聞いて、やはり基礎が大切だと再認識をする。工学も、科学の一部であるはずだ。科学なら、「相似則」が成り立たなくてはならない。その成立を目出して、基礎学が成立するように、考える事だ。シミュレーション技術も大切である。基礎原理を理解するためにも。3Dシミュレーションが進んでいる。DEMでも高性能なPCで可能な時代となっている。

 基礎、実用化、製品化、のプロセスを守って、創造していかなくてはならない。特に、イノベーションを期待するには原理を基礎から考えることが重要である。経済危機の今が、考えなおすチャンスなのだが、ボケ爺、いささか歳をとりすぎた。若者を激励して、勧めていきたい。

|

« 滑稽な論理 | トップページ | トヨタチックMFG »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/45206985

この記事へのトラックバック一覧です: やはり基礎が重要:

« 滑稽な論理 | トップページ | トヨタチックMFG »