« 企業生態学 | トップページ | 一次産業の再生 »

2009年2月19日 (木)

対等な日米関係を!

 ボケ爺は、政治問題は苦手だしよく分かっていないが、今の政府の対応は歯痒い。アメリカが、クリントン国務長官が日本を選んだ。オバマ大統領が、外国の首脳の中で、日本を一番にホワイトハウスに招待した。名誉あることだと、クリントン国務長官も言い、外務省も、我々の成果だと、大喜びである。日本の閣僚や、報道陣が浮かれて騒いでいる。日本人は単純無垢である。アメリカは、こんな日本の特徴をよく研究している。今回のクリントンのアジア訪問も、良く考えられていて、戦略的だ。

 日本は、沖縄のグアム移転問題に、来日早々調印させられた。国内では、まだ調整されていないにもかかわらず、何故「協定」調印できるのだろうか?麻生首相との会談の中身は、課題の列挙でしかない。それは、外務相の仕事だ。首相の仕事ではない。「日米同盟の戦略の中身」のはずだ。しかし、アメリカはその方がありがたい。次は、ホワイトハウスで、お金をむしり取る協定にサインだけさせればいいのだ。

 麻生内閣は長くない、と思っている。しかも、麻生内閣はしっぽを振るブタと考えているから。倒れるまでに、早く調印させてしまいたい。だから、急いで、2月に招聘したのだ。意図ははっきりしている。「ブタも褒めれば木に登る」と思っているのだろう。

 一方、小沢代表との会談は、アメリカが複眼で日本を見ているからである。小沢との対談では、小沢が首相になると、日本は「一筋縄ではすまない」、と印象づけたと思う。小沢は課題の抽出ではなく、はっきりと、「対等な日米関係の戦略」が成り立たないと個別課題に踏み込めない、と主張した。ボケ爺はすっきりした。

|

« 企業生態学 | トップページ | 一次産業の再生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/44113557

この記事へのトラックバック一覧です: 対等な日米関係を!:

« 企業生態学 | トップページ | 一次産業の再生 »