« 自動車の革命が面白い | トップページ | ペシャワール会、中村哲 »

2008年9月 4日 (木)

福田狸の勝利

 さすがに、狸親爺の政治家、福田首相の読みは深い。きっと、5手ぐらい先が読めているのだろう。こんな政治家が日本を救えるとは思えないが、古い日本の政治体質の自民党を守る事については見上げた力量だと、ボケ爺、兜を脱ぐ。

 その理由は、

1:野党、民主党の無投票での小沢再選、それにぶつけて、自民党騒動で、先ずはジャーナリストが、自民党、自民党と騒ぐ、国民は自民党ニュースで浮かれる。野党は影が薄くなる。そこで、総選挙に打って出る。

2:臨時国会の党首質問が民主党では、22日以降になり空白が出来て、自民党が悪い、と罵倒される事を避ける。

3:保守党内の内乱について、釘をさす。先ずは、公明党だ。最近公明党が、自民党に逆らうので、これを抑えなくてはならない。

4:自民党内では、全くまとまりがない。ばらばら、これでは総選挙は戦えない。危機感が全くない。総選挙を、臨時国会後(翌年1月)では、予算審議で負けるかもしれない。その前の、11月か、12月では、追加経済施策は成立せず、国会が空転して、2009年度の予算が審議未了となる。

5:首相で残っていても、バカだ、チョンだといわれるだけで、なにもやらない、やれないバカ呼ばわりで、何の特にもならない。

衆議院の総選挙は避けられない。臨時国会開催、多分、24日に開催(首相方針演説、各党首質疑ぐらいはやるだろうが)、即解散ではないだろうか。

 それにしても、公明党の突き上げで、定額減税となった。要は、ばら撒き減税となったわけだ。過去にも自民党は、自民党と言うよりは、橋本元首相で失敗している。狸福田は、自民党を救うために、ここまで読んでいるはずだ。

|

« 自動車の革命が面白い | トップページ | ペシャワール会、中村哲 »

コメント

おそらくは,福田をも操っている黒幕が
いるはず.その黒幕の参謀が考えたので
あろう.

その人が,いかに総選挙に勝つか,負け
ないか,と考えた場合,民主党の弱いと
ころをあからさまにして,自民党の方が
いいですよ,と導けばいい,と判断した.

その判断に従って,作戦をたてると,
今,辞めさせて,党内選挙,いろんな
候補者を出して(無理にでも,女性候補
までだして話題を作って),人材が豊富
可能性が高い,と印象を付ける.

うまくその雰囲気が浸透したな,と判断したところで,総選挙.小選挙区制
だから,人気投票.1票でも多ければ
勝つ.

結果,自民党が総選挙に勝つ,と.

個人的には,福田の書いたシナリオで
は無く,黒幕,その参謀が書いたシナ
リオであろう,と見ております.

そして,残念ながら,そのシナリオ通
りにマスコミも多くの日本人も踊る,
と.

投稿: Hana父 | 2008年9月 5日 (金) 09時40分

HANA父>

お元気ですか?

確かに、黒幕が居るでしょうね。それに乗っかれる、器量を賞賛しています。

近年、地位に喰らい付いて、はなれない人が多い中、あっさり出来る人は珍しい。

それにしても、NHKを初めとして、マスコミは、あまりにも単純、知性も無く、騒ぐだけ。情けない。

投稿: ボケ爺 | 2008年9月 5日 (金) 09時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/42380622

この記事へのトラックバック一覧です: 福田狸の勝利:

» 簡単インターネット投票 [美国日本の美しい税制]
高所得者層から低所得者層に所得を移転させるという政策に対して インターネット投票に参加して頂き、有難うございます。 メール・アンケートも宜しくお願いいたします。 http://ppf.jp/ezform003/1347/form.cgi インターネット投票 http://vote1.fc2.com/poll.cgi?uid=158..... [続きを読む]

受信: 2008年9月 6日 (土) 05時34分

» 小泉・竹中経済構造改革後にやるべきであったこと [美国日本の美しい税制]
http://meiguoriben.seesaa.net/article/106279003.html 野党勢力 二つの大嘘 において野党(民主党・社民党)は下記の二つの大嘘の上に経済政策を構築していることを証明しました。 1.「小泉・竹中経済構造改革は失敗であった」 2.「小泉・竹中経済構造改革は経済格差..... [続きを読む]

受信: 2008年9月20日 (土) 17時37分

« 自動車の革命が面白い | トップページ | ペシャワール会、中村哲 »