« 創造法の二つの考え方 | トップページ | オリンピック、その二 »

2008年8月24日 (日)

オリンピック

 随分、Blogをご無沙汰してしまいました。少々、野暮用があってのことです。改めて、残暑お見舞い申し上げます。

 オリンピクンも、終わってしまいました。今回も、いろんな感動がありました。しかし、失望も多くあったように思います。オリンピックは、世界選手権と言う、舞台とは全く違うと言う。多分、国家を背負うからだろう。そのために、強いプレッシャーが、襲い掛かることだろう。マスコミ(企業)がスポンサーになっていることもあるだろう。

 スポーツが、商業化している。本来のアマチュア主体から、資金をサポートされるプロとなってきているからだと、言える。そうしないと十分な練習が出来ない、とも言う。健闘した全ての選手の言葉に、「皆に支えられて、先ずはお礼を」である。この意味が、スポンサーへの謝礼である。前回のオリンピックと、全く違うところとなって来ている。

 ドタキャンもマラソンにあった。ドタキャンしたくても、出来ない選手もいただろう。結果は惨めに終わったと思うが。

 もう一つが、団体競技などで、特に目立つ事があった。野球を例にとって見ると、星野ジャパンは惨めである。何をしてでも、金を持ち帰らなければならない状況にあったはずである。しかし、星野監督は、短期勝負を心得ていない、典型的な日本的な「浪花節」「情」を持ち込んでいた。選手選びから、選手起用について、過去の遺跡のような采配である。勝負の世界は「非情」である。「甘さ」が何処か一箇所でもあると、そこから、ほころび、水は漏れてしまう。

 この「情」を求めているのが、日本の社会全般に蔓延している。企業内人事にしても、若者対策に対しても、老人保護にしても、教育にしても、「甘い」事が言いと言う事になっている。これで本当に、グローバル社会を生き抜けるのだろうか?

 もう一つ、がむしゃらに「鍛える」では、疲労破壊してしまって、勝てない。ルールが変更になったとか、弁解するのも、日本の特徴である。つまり「変化」に付いていけていない。スポーツの世界も「常に変化している。」変化に付いて行っている処が、勝っている。さらにそこに、「技のイノベーション」が必要である。

|

« 創造法の二つの考え方 | トップページ | オリンピック、その二 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/42261213

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピック:

« 創造法の二つの考え方 | トップページ | オリンピック、その二 »