« 不摂生 | トップページ | 外国語でのコミュニケーション »

2008年7月30日 (水)

モノ作りと商品力

 少し下火になっていたモノ作り論がまた盛り返してきたのか?日本の得意とする「擦り合わせ技術によるモノ作り」で世界をリードしよう、と勇ましい。現場力の品質のよさなどが紹介される。現場力は、品質の向上につながるし、機能の効率がよくなることは、言うまでも無い。

 だが、「商品力」から見て、このような現場力を必要とする商品は、今はどのぐらい占めているのだろうか?あたかも、全ての商品に必要だと錯覚しているのではないだろうか?と心配してしまう。商品力の満足度から見たら、ほんの僅かではなかろうか。「商品力」としてのモノ作りの中心は、付加価値と言う無形の機能である。何時までの有形のモノ作りの時代ではない。

 学者は、分類作業が大いなる学問の中心である。つまり、過去のあらゆる調査から、今までの現象を分類して、ある集合体をつくらなくては有名にならない。インテグラル(摺り合わせ)型、モジュラー型、商品によって、有形、無形(ソフト、サーヴィスなど)などなど。

 商品力と開発力と同じ意味ではない。「商品力はアーキテクチュアー力」である。製品力といえば開発力に依存する。製造業で働いているボケ爺にとって、先ずは、開発力をどうするかが最大の課題である。開発納期の短縮、原価低減、品質(性能)の向上、など、考えなければならないことが山ほどある。

 ボケ爺の次の課題は、「アーキテクチュアー力」であり、アナログ機能を、いかにして、デジタル機能とするか、である。これを支える技術は、構想力と、センサーと、制御能力である。

自動車のエンジンを見ても解る。擦り合わせ(アナログ)部分をエレクトロニクスで覆い尽くされている。エンジンは、いまや、デジタル製品、つまり自動車の構造から見たらデジタル部品となっている。過剰な擦り合わせの要求を、エレキが補っている。更なるデジタル化が進むであろう。

この考え方は、他にアナログエンジンにも適用されて行くと思っている。ボケ爺の最後の挑戦技術である。

|

« 不摂生 | トップページ | 外国語でのコミュニケーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/42010084

この記事へのトラックバック一覧です: モノ作りと商品力:

» 嵐リーダー大野智が大麻吸引で3P!赤裸々告白!隠された映像!! [嵐リーダー大野智が大麻吸引で3P!赤裸々告白!隠された映像!!]
嵐 大野 週刊現代 嵐 大野 フライデー 嵐 大野 画像 嵐 大野 現代 嵐 大野 写真 嵐 大野 大麻 3P 魔王 赤坂 [続きを読む]

受信: 2008年7月30日 (水) 07時55分

« 不摂生 | トップページ | 外国語でのコミュニケーション »