« クリストファー・ヒル国務次官補 | トップページ | ウインブルドン効果 »

2008年6月27日 (金)

ねじれ経済の日本

ねじれ国会など、可愛い物である。考えようによっては、皆が是非を考えるようになって、良い方向に向かっているかもしれない。一方、経済、経営の方を見れば、ねじれにねじれて、国民をバカにしているとしか思われない。

原油高、原材料高に、サブプリム問題で、市場は混乱に混乱しているようだ。これは一件そのようだが、裏を返せば、漁夫の利で、ぬけぬけと儲けているところもある。まずは、無利子に近い貯蓄を我慢させ、血税を注ぎ、空前の利益を得たと思ったら、貯蓄者に還元するのではなく、海外投資、原油投資に走っている。原油高の片棒を担ごうというわけだ。

又、円安に、原材料の高騰で、輸入でべらぼうな儲けを出している、商社は、各社とも空前の儲けで、使い道に困っているという。その儲けの隠しどころに石油投資も含まれて、困ったような顔をして裏で舌を出している。原料高を商品に転嫁できず、製造物にしわ寄せが来ている。まじめにモノ(農産物も含まれる)を作っている人々を苛めている。結果として、日本の所得流出が、13月で、26兆円までになっているという。

一体こんな状態を誰が救うのであろうか?隠れてでも儲けられればいいや、と言う発想は、今の、食品偽装、医療偽装、官僚汚職、となんら変わらない。

ボケ爺は、製造業だから、憤慨しているわけではない。一国民として、資源インフレ、加工生産物デフレ、のねじれを憂うる。それにもましてそこから利益を得ている奴らが許せない。

<読書>

「遊女のあと」諸田玲子 新潮社

いつも、良い作品をありがとう。今回は最もスケールが大きい。博多と江戸から、名古屋でもつれる。読書していてよかったと思わせてくれる。

|

« クリストファー・ヒル国務次官補 | トップページ | ウインブルドン効果 »

コメント

仰るとおりですね~
この事態
何とか打開してほしいもので~す

なにか妙案でも? 

投稿: 維真尽(^^) | 2008年7月 2日 (水) 22時26分

維真尽>

妙策は持ち合わせていません~
欲深い人間のやることですから。

原油、原料高が、ここまで問題であるのに、
商社は、平気で、さらにマージンを取っているのには、許せないのではないでしょうか?

投稿: ボケ爺 | 2008年7月 5日 (土) 10時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/41666337

この記事へのトラックバック一覧です: ねじれ経済の日本:

« クリストファー・ヒル国務次官補 | トップページ | ウインブルドン効果 »