« ゲーム理論? | トップページ | 寂しい花見! »

2008年4月 4日 (金)

景気の下振れ、政治不況?しかし!

 特に最近の日本の政治は混乱が増している。混乱のおかげで、結構、問題点がよく分かるようになったことは嬉しい事かもしれない。安倍政権時代は沢山の起案が通過したようだけれども、国民は全く知らない。これも困る。

 サブプライム問題から、経済は混迷している。「経団連会長の御手洗富士夫氏も、景気下振れの懸念は深刻であるという。」この混迷は「政治不況から来る。」と言う。近隣の国、韓国と、台湾では、大統領選挙が行われ、いずれも経済優先を約束した人が、支持されて当選している。一方、日本はどうか?この難局を乗り越えられるのか?

 ドルは下落の一方だけれど、ユーロは強く、安定している。これほどまでに、通貨が重要だとは思わなかった。日本の政治家に、経済通がいたら、とりわけ、首相が経済人であれば、円と、韓国のウォン、台湾の台湾ドルを、統一通貨と考えるであろう。円とウォンだけでも全世界の22%以上、3国では全世界の25%の重みがある。結構ドルに対し、ユーロに対し、対抗できるのではないでしょうか?と、考えるのはボケ爺だけだろうか。

 世界でも格差が最も少ないクラスの日本で、格差是正で悲鳴を上げているようでは、世界の経済を考えるところまで出来ないだろう。逆に、グローバル経済に飲み込まれてしまうだろう。朝鮮動乱の時と同じように、日本はずるく漁夫の利を狙うしか脳がないのかもしれない。ならば、格差のある国に対して、日本の富裕層の何十倍もの富裕層を狙った商品販売で、漁夫の利を狙うよりないであろう。これなら、政治不在でもやっていける。

 オマーンにメロン、タイにカツオ、台湾にリンゴ、ナシ、ブドウ、カナダに温州ミカン、アメリカにホタテ貝、と輸出が好調である。さらに、中国、韓国がある。もっともっと狙えるよ!米、ミカン、メロン、サクランボ、甲州ワイン、などなど。

 さらには、日本の現代アートに熱い目が注がれているらしい。海外からの買い付けが殺到しているという。一品1000万円など飛ぶように売れるようである。

 ボケ爺も富裕層向けの絵画、現代アートを目指そう。今からでも遅くない、なんて夢を見ている。幸せなボケ方である。しかし、ボケた頭では限界だ。年貢の納め時がきた。

|

« ゲーム理論? | トップページ | 寂しい花見! »

コメント

日本銀行総裁には新井泉さんがふさわしい。新井泉さんは日本一の進学校である開成高等学校からなんと東京大学文科一類の前期入試に合格して東京大学法学部に進んだ。そして、東京大学法学部在学中から日本政府による拘束を受けて、強制的に移動するオリに閉じ込められることになった。日本の邪悪な公務員はむりやり、何の罪もない新井泉さんを移動する監獄に押し込めて、昼も夜も二十四時間中毎日虐待し続けたのである。こうして国民に内緒で公務員は強制的に新井泉さんを殺害しようとしたが、新井泉さんは劣悪な環境の中で勉学にはげんだのである。新井泉さんは東京大学法学部を卒業した後も、国家による拘束を受け続けている。食事もとらせずに夜も眠らせないで新井泉さんを虐殺しようとする日本の公務員はてめえだけ栄耀栄華を楽しんでいるのである。強制的にオリの中に閉じ込められても、新井泉さんの名前は世界に鳴り響いているのだ。こんな邪悪すぎる日本という暴力団国家においては、新井泉さんこそ日本銀行総裁にふさわしいのである。

投稿: 麻美 | 2008年4月 5日 (土) 04時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/40765381

この記事へのトラックバック一覧です: 景気の下振れ、政治不況?しかし!:

« ゲーム理論? | トップページ | 寂しい花見! »