« 残すは、あと2ヶ月 | トップページ | 福田、小沢の勝負は決まった! »

2007年11月 3日 (土)

面白くなった福田、小沢の駆け引き

 久しぶりに、政治が面白くなった。と言っても我々の生活の足しになる政策論議は全く前進は無い。その点では、不祥事ばかり、後追いの政策ばかりで、落胆の連続である。小さく縮み上がった組織、人物ばかりである。 これでは経済はよくならない。

 さすがに、福田総理(首相)狸オヤジである。仕掛けが早い。それに、国民の同情を買う、選挙対策に長けている。仕掛けられた小沢民主代表も狸。福田総理にすれば、次の戦況で勝つための戦略のみを、したたかに推し進めているように思える。政策は多分、ほとんどやらないだろう。「したくても出来ないのは、民主党のせい」であるとして、あらゆる対策を講じるだろう。

 さて、民主小沢代表は、その動きは十分に知っているはず。裏をどう描くか?期待して待っている。囲碁の白黒の領地は、解散選挙後、どちらが広くなっているでしょう。建前論のみでの民主党は、完全に福田戦略に負けるであろう。

 物理の世界でも、三体(地球、月、太陽)問題を解くことは難しい。国民、福田、小沢の三体問題である。物理は作用が引力のみである。政治は、感情と言う引力作用素が軸になる。福田はこのことを熟知しているようだ。小沢は、国会内の感情を重視していないか?民主党内の多党首政党の欠点が露呈するであろう。福田はその弱みを側面から攻撃をするだろう。こんな駆け引きで、今の政府を見ると、賭け事の仕掛け、勝負の戦略、戦術に、目が離せない。

 ボケ爺、今まで、政治には全く関心がなかったが、毎日の福田の仕掛けに、興味が湧いてきた。ボケ爺も、そこまで狸にはなれない、のではなく、そこまでの戦略が打ち立てられないのだ。「おぬしも悪よの!」の世界である。

<読書>

「マーケティング戦争」アル・ライズ、ジャック・ラウト 翔泳社

専門書は紹介していないのであるが、これは専門書と言うよりは、商品の浮き沈みの物語である。今の政治の戦争のようで、戦争物語として読む分には、楽しい。福田、小沢のような人が、マーケットの世界にも沢山居る。

|

« 残すは、あと2ヶ月 | トップページ | 福田、小沢の勝負は決まった! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/16961115

この記事へのトラックバック一覧です: 面白くなった福田、小沢の駆け引き:

« 残すは、あと2ヶ月 | トップページ | 福田、小沢の勝負は決まった! »