« 面白くなった福田、小沢の駆け引き | トップページ | 色彩の恵み »

2007年11月 8日 (木)

福田、小沢の勝負は決まった!

ハロウィンが終わり、11月に入った途端、クリスマスムードである。数年前は、12月に入ってからがクリスマス商戦だったように、思っていたが、地球温暖化と同じように、季節感をなくしてしまっている。例の京都駅のビルはクリスマスデコレーションで満開であった。

 自然は、まだ紅葉もままならない。一方、柿の実は熟して、傘の柄で、引き寄せて、もぎ取っている家があった。実篤公園の隣の柿は渋柿であるが十分に熟している。干し柿にすると美味しそうである。今に小鳥の餌になってしまう。空き家になってしまって久しい隣は、富有柿の実だけが哀れを誘っている。

 前回の寄稿で、政治が面白くなってきた、目が離せない、狸オヤジどもの戦いに注目をしよう、と呼びかけた後、なんと言う子供じみた小沢の行動で、簡単に決着が付いてしまった。小沢はかなりの悪、狸と思っていたが、単純な子供であったとは、驚いた。知らなかった。

 福田は、小沢の弱みを知り尽くしている。これで、勝負は付いた。小沢のような茶番劇を容認する民主党の政権奪回はありえないだろう。民主党を潰す位の気概が人と思っていたが。考えてみれば、国会の空白は、何ヶ月にもおよび、子供のお遊びでは税金の無駄使いである。その間の不正疑惑が、すっかりすっ飛んでしまって、これもつまらない。国民不在は言い尽くされているが、改めて、税金が高い、と思う。

 狸とは、戦略であるはずである。戦略無き、戦術では、小沢さん、勝てませんよ。お金の面だけが戦略に長けていたのでしょうか?騙された。つまらない世の中ですね。

<読書>

「亡国から再生へ」高杉良 光文社

ボケ爺の好きな経済作家の日本憂国論である。企業の恥部を暴きだす作家として、亡き城山三郎と並ぶ。政治の恥部も、城山以上に暴きだして欲しい。著者は小泉、竹中連合の批判者でもあって、日本売国に警戒も忘れない。とにかく、かくも日本は危機に瀕している。

|

« 面白くなった福田、小沢の駆け引き | トップページ | 色彩の恵み »

コメント

さすが~ですねぇ
読みきりましたね (^^)v

アメリカみたいな2大政党
もともと仕組みが違うから
なかなか~機能しないでしょう~ね

それにしても
小沢さん~結果はわかっていたと思うんですがね
さらに 裏があるのかな (^_-)-☆

投稿: 維真尽 | 2007年11月11日 (日) 10時46分

維真尽>
さらに、小沢さんの裏を期待したいが?
こんなつまらない結果は、つまんない~

政策も面白くないし~、せめて、狸だましの遊びを期待したのにな~、アー、アー、つまんない!

仕事もつまんない!はボケ爺だけかな?

投稿: ボケ爺 | 2007年11月12日 (月) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/17011223

この記事へのトラックバック一覧です: 福田、小沢の勝負は決まった!:

» オークション(特注の釣り竿袋、古本、テレカ) [みんなのVIDEO]
特注釣り竿袋、タレントのテレカ、古本、新品メガネ・サングラス、アイスセンサー(スタッドレスタイヤと靴底の滑り止め)などを出品しています。 [続きを読む]

受信: 2007年11月10日 (土) 17時18分

« 面白くなった福田、小沢の駆け引き | トップページ | 色彩の恵み »