« 石油代替エネルギーの未来 | トップページ | ボケ爺はまだ敬老ではない。 »

2007年9月15日 (土)

RNA、常識覆す(でも、日本は出遅れた)

 ゲノム(遺伝情報)、遺伝子の話は良くご存知のはずですが、このところいろんな説が出てきて、次から次に変化が起きています。

 遺伝子はDNARNAの対の螺旋構造で、出来ている。RNA(リボ核酸)RNA(デオキシリボ核酸)のコピー機能で、一種の遺伝情報の書き換え時の保存機能と見られていた。であるから、これまでは、主に遺伝子情報分析はDNAの解析に研究の重点が置かれていた。

 RNAに新しい役割があると分かってきた。その一つが、ガン発生の抑制機能があるという。DNAの遺伝子(情報)からたんぱく質の設計図がRNAに転写されて、たんぱく質が合成される、と言うメカニズムであるが、RNAの中に、たんぱく質の設計図が転写されていない、否、持っていないノンコーディングRNAが無数にあることが分かってきた。「これは何ぞや!」、と言うことになって、この部分に、新大陸発見のように騒がれているらしい。

 マクロ的に、「遺伝子オン、オフ説」などは、案外、RNAの正確な働きから来るものかもしれない。生物は益々複雑になる。1年前の説は、もう古い、と言うことであろう。

 脳の研究でも、1年前の説は直ぐに覆る。特に、みんなの興味の中心の、女性と男性の脳差、或いは能差は10年前の説(差がある、右脳、左脳)など、今では誰も、言うことはなく、益々混迷に時代になっている。毎日が変化である。

 ボケ爺、技術面から、RNAの解明の分析器が作れないか、興味が湧いてきた。夢を見たい。アメリカでは、「RNA干渉薬」なるものができていると言う。すでに日本は後れを取ってしまっていると言うことか?

<読書>

「挑戦 外資()」高杉良 小学館

外資の経営手法を解析しながら、海外の人間マネージメント、日本流、など織り交ぜた展開など、ダイナミックである。高杉作品には何時も英雄が居る。若者のモチベーションを高めるための作品集でもある。日本経済界の応援歌を提供してくれている。

|

« 石油代替エネルギーの未来 | トップページ | ボケ爺はまだ敬老ではない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/16452132

この記事へのトラックバック一覧です: RNA、常識覆す(でも、日本は出遅れた):

« 石油代替エネルギーの未来 | トップページ | ボケ爺はまだ敬老ではない。 »