« 我輩の「訃報と葬儀」の夢を見る | トップページ | 死に行く我輩の夢を見る »

2007年8月15日 (水)

バイオ燃料に期待

 バイオエタノールで日本は出遅れてしまった。ともろこしから作ることで、これに関する価格が高騰して、家計に直撃している。日本は古くから研究されていたはずだが、ハイブリッドエンジンが成功したことから、熱意が醒めてしまったのか?

 先日、新聞で、ともろこしを使わなくて、植物の茎や葉っぱから、遺伝子組み換えの微生物など使って、発酵させて作れると言う。早く工業化に持ち込んでもらいたい。

 昨日の新聞に、今度は「雑草からディーゼル燃料」が作れるような見通しが立ったと、地球環境機構から発表されていた。燃料成分は「プタノール」と言うアルコールの一種である。これも、遺伝子組み換えの微生物を作り、植物繊維を分解して糖を作り出すと言う。実際の走行テストも終えて、同じ性能が出せるところまで、実証ができていると言う。これなども早く実用化して欲しい。

 この先、石油価格は下がりそうにない。ガソリンは代替燃料が必要である。燃料電池などへの変更はまだまだ先のこととなろう。ハイブリッドは市街地走行には、効果が良いが、高速道路では、ガソリン車と変わりがない。そんなことから、ディーゼル車が、好まれる国が多い。燃料資源のない日本は、バイオアルコールで攻勢をかけなくてはならない。政府の戦略的政策としなければならないのではないか?

 遺伝子組み換えという、危険性もあるが、完全封じ込めなど、日本にはその技術はある、と思っている。農業にも力が入ることとなるのではないだろうか。

<読書>

「日本進化論 2020年に向かって」出井伸之 幻冬舎新書

ここでは、2020年には自動車エンジンはモータに変わっていると言う。そんなに速い変化は来ないと思う。今の日本は世界から観て微妙な立場であり、何事も中途半端であると言う。経済学者とも違う感覚である。やはり経営者と言う立場からの分析であろう。あまりハッキリした根拠は展開されていないが、直感として、マクロとしては当たっているような気がしている。野口悠紀雄、内藤克人などと一部共有するところがある。本人も言っているように、かなり楽観的である。

|

« 我輩の「訃報と葬儀」の夢を見る | トップページ | 死に行く我輩の夢を見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/16120756

この記事へのトラックバック一覧です: バイオ燃料に期待:

» ダイハツミラ新古車 [ダイハツミラ新古車]
ダイハツミラの新古車情報を集めました。ダイハツミラはおしゃれな軽カーです。新古車って何?どこで買えるの?メリットは?そんな疑問が解消されます。ダイハツミラ新古車を手に入れて素敵なカーライフをお楽しみください。 [続きを読む]

受信: 2007年8月15日 (水) 08時36分

« 我輩の「訃報と葬儀」の夢を見る | トップページ | 死に行く我輩の夢を見る »