« 曲芸を再認識した。 | トップページ | 「なんば」やで! »

2007年6月 8日 (金)

フューチャリストでありたい。

 ボケ爺は、幼少の頃から、フューチャリストであった。未来の夢だけを追っかけていた楽観主義者であった。小学校6年生の未来は何になるか?の定番の答えに、(飛行機)エンジニアと書いて、笑われたこと思い出す。アトムの手塚治虫のフューチャリストをこよなく愛し、憧れてきた。大人になってからは、本田宗一郎のフューチャリストにも陶酔している。

 「フューチャリスト宣言」梅田望夫 茂木健一郎 ちくま新書、を読む。雲の上を行く、二人の対談は、益々浮いている。ウェブ、とクオリアの世界は、共通点があるようだ。

 今、未来を語って、引っ張っていける人は、狂人でなければ出来ないことだと言う。マイクロソフトのゲイツ、アップルのジョブスは、今も、未来を作り続けている。四六時中、未来を考えている狂人である。だからイノベーションが生まれてくる、と言う。

 ボケ爺は、今は、未来への展望が全く見えなくなってしまった。なってしまったとは、以前はあったのかと言うことになる。少なくとも若い時には少しは有った、狂人だったからである。コンピュータの端末メモリーの動向で、未来は見えていた。残業で、12時ごろに家に帰って、それから朝の4時、5時まで、コタツの中で論文を書いていた。6ヶ月ほどかかったが、楽しかった。1年後に、IBMがその構想と同じ製品を出してきた。その後も、世界で最初、という部品、コンセプトなど、開発がどんどん出来ていた。今はない。

 ウェブ2.0の世界は未来を変える。公共性、と、利他性の「向こうの世界「「こちらの世界」が、人々の生きる世界を広げると言う。ボケ爺は「こちらの世界」から抜け出せない。

これからの、ウェブ2.0の時代は、Blogで講義が出来る。大学など全く要らない、と断言する。Blogに集まる人は、この両人で言えば、2万人以上のアクセスがあるようだ。未来を語るには、ウェブの世界でなくては語れない、フューチャリスト宣言で集まろうという訳だ。

「向こうにいる」、著者の二人の会話は実感的に理解が出来ない。ボケ爺は、時代遅れの惨めさを味わっている。未来が語れなくなった老いを感じる。

|

« 曲芸を再認識した。 | トップページ | 「なんば」やで! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/15353034

この記事へのトラックバック一覧です: フューチャリストでありたい。:

« 曲芸を再認識した。 | トップページ | 「なんば」やで! »