« 夢を見た5:花火だ! | トップページ | トップになる必要十分条件 »

2006年8月16日 (水)

日本の存在価値は?

 小泉総理が、靖国神社に、815日参拝した。当然、韓国、中国を初めとして、アジア諸国は困惑をしている。参拝するであろう事は織り込み済みであっただろう。

 誰もが、宗教法人と政治の分離、A級戦犯と、戦争犠牲者の慰霊の関係、つまり、合祀の問題、サンフランシスコ条約の外国法、国内法の関係、など何一つ、統一した見解を知らない。日本人自身が、歴史認識に一致した物が分かっていない。明言できる人もいない。

 こんなことで、外交が出来るのであろうか?小泉総理だって、信条を述べるだけで、歴史認識については語れない。次期総理も避けて通る。そんな中、昭和天皇の認識だけが正しいような気がしてならない。

 政治、文化、経済と分離して、日本人はこれらが分離できると勝手に思っている。経済大国だから、他国は人目置く存在である、と傲慢に確信している。太平洋戦争も同じ意識があったために、それに反発する他国に向かって戦争を仕掛けた。歴史は繰り返すと言うけれど、同じ事を繰り返している。意識に変わりはない。最も危険な状態となってきている。アメリカは友好の代替にアジアでの重石となる事を要求している。利用されている。

 今、日本はアジア諸国から、人目おかれているのだろうか?得意の経済の面で。芸術は?スポーツは?当然、芸術、スポーツでは人目おかれるほどではない。経済としても、「モノ造り」だけである。

 GEのイメルト会長は、体育系専門部門の卒業生が電子工学部門のそれよりも増えてきた、理科系離れに警報を発している。対岸の火事とはいえない。日本は少子化とあわせ、十数年で、理科系卒業者は半減している。それでもアメリカは、他国から集められる力がある。日本は、一目置かれる何物もなく、隣国からも嫌われて、理科系留学生も激減である。まして、移民の受け入れを嫌い、避ける。

 日本のよき時代(1980年代初め)は技術力であったはずである。その魅力をなくしては、国際社会で影響力のある存在であり続けられる訳がない。

 露骨な人種差別をする日本人、アメリカ様さまの日本人、歴史認識を避ける日本人。政治、文化でもそのギャップの実態を認識して手を打たないと、存在価値が落ちる一方である。

<読書>

「水曜の朝、午前三時」蓮見圭一 新潮文庫

もし、あの人を選んでいたら、、、、人生はかわっていた?45歳の若さで亡くなった翻訳家が、娘に残した四巻のテープ。そこに語られた無惨な恋、許されぬ過去、そして「死」。

 愛と、人種差別と、忍び寄る死の織り成す切なさの追憶、感動の告白小説である。きっと涙が忍び寄るであろう。

|

« 夢を見た5:花火だ! | トップページ | トップになる必要十分条件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/11466740

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の存在価値は?:

« 夢を見た5:花火だ! | トップページ | トップになる必要十分条件 »