« 劣等感は良薬 | トップページ | 面構え »

2006年1月21日 (土)

ブランドを手放す企業

 コニカミノルタ社のカメラ、フィルム事業から撤退とのニュースが流れてきた。ブランドを手放す、あるいは事業をたたむ事は経営者としては辛い決断でしょう、とは容易に想像できる。

しかし、同情できるかと言えば、出来ません。それは、それらの事業で頑張っている企業が未だにいると言う事の中、さらにはデジタルカメラなど成長産業からの事業の撤退は、経営者の責任が強く問われる事になる。

しかし、発表からすると、HQの社長だけが責任を取って(十分に責任とを取ったとは思えないが)、他の経営者の責任人事はなされない、特に、副社長の責任だって重いものがある。取締役も責任を取らなければならない。責任も取らない無責任なコニカミノルタと言う企業は他の事業で本当に成長できるのでしょうか?馴れ合いの陰険な企業のイメージは一層強くなったのではないでしょうか?清潔で若々しい企業のイメージはまったく無い。

<読書>

 「下流社会」 三浦 展 光文社新書

 上流、とか下流だとかの定義が曖昧のままの、統計は本当に有効なのか?バブル以前の国民総中流化時代、と言われたころの中流意識は、基本は収入ベースであったと思う。この著書では、上昇気力を中心としてまとめようとするところに、無理を感じる。収入と上昇気力は正の相関は昔からある。

 それとは別に、商品は基本的に3セグメントに分ける、上、中、下と。これは日本の昔からの商売の基本と一致している、松竹梅商法である。今では、意識が曖昧になってきたので、各「流」にさらに二機種、投入しているのが自動車の商品企画でしょう。

|

« 劣等感は良薬 | トップページ | 面構え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/8269352

この記事へのトラックバック一覧です: ブランドを手放す企業:

« 劣等感は良薬 | トップページ | 面構え »