« アウトサイダーの生き方 | トップページ | 定年後の再出発 »

2006年1月25日 (水)

顔にこだわる

 顔にこだわるのは、これで終わりにしたいのだが。どうしても言っておきたい事がある。無能無才な我輩は、何とか、巧い文章を書きたいと思うと時がある。無精者であるからして、その筋の本は結構読むのだが、所詮、無才には到底身に付く修行が出来る訳ではない。しかし読んだ後は巧くなった気になることは容易い。

 池波正太郎の「鬼平犯科帳、全24巻+乳房」文春文庫に出てくる、人名は実に多くて、多彩である。その名前が、人格と良く一致していて物語を一層面白くしている。名前から想像する人物考とその役割が実に良く描けている。最高傑作であろう。池波には他に多数のシリーズ物があるが、名前は当然全て違っている。よくもこんなに多数、多彩な名前が見つられるものだ。

 漱石の創作ノートにも、名前を書き込み、それらの人達の相関図を書いて見て、筋道を練っていたようである。SWの設計時の機能相関図と良く似ている。漱石は、SWエンジニアのセンスがあったのではないだろうか。

 当然、わが子の名前付けには思い悩み、こんな人物になって欲しい、と願ってつけたのだが、結果は思い通りに育ってくれた事を嬉しく思っている。

<読書>

「藤沢周平の本」 別冊宝島編集部編 宝島社文庫

 65冊に凝縮された日本人の心、全65冊完全案内と記されている。藤沢周平の名前付けも真によろしい。藤沢のTV、映画での登場人物は一致している事は少ない(何度か見たことがある、がっかりであった)。それだけ役柄が難しいのであろうか。

一方、鬼平の映画はよく一致していると言う。ボケ爺は見たことが無いのでなんとも批評できない。鬼平犯科帳については、Webに沢山な資料がある。それを参考にするのも良い。

「ホンモノの文章力」 樋口 裕一 集英社新書

「<不良>のための文章術」 永江 朗  NHKブック

 いずれも、文章修行の参考書としては良くできている。身に付くかどうかは保障しない。

|

« アウトサイダーの生き方 | トップページ | 定年後の再出発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/8336826

この記事へのトラックバック一覧です: 顔にこだわる:

« アウトサイダーの生き方 | トップページ | 定年後の再出発 »